皮革の手入れ

皮革の手入れ方法

皮革は、呼吸し、生きています。
大切にお手入れすれば、いつまでも美しさを保ち、
年月とともに色や風合いが深まります。

保管方法

  • 革の呼吸を妨げるビニールカバーなどをかけずにクローゼットやタンスなどに保管し、時々、開放して風通しをしてください。
  • 除湿剤を使う場合は、塩化カルシウム系は避けてシリカゲル系を選んでください。
  • 色移りを防ぐため、通気性のあるカバーに入れるか、ほかの衣類とは離して保管しましょう。


水ぬれ

  • タオルでたたくように水分を吸い取り、風通しのよい場所で陰干しをします。
  • 乾燥後、ごわごわするようなら、革用乳化クリームなどで油分を補ってください。


汚れ

  • 軽い汚れは、ブラッシングで。
  • 取れない場合は、布にレザークリーナーつけてふき取るか、革用消しゴムを使いますが、シミやキズができることもありますので、目立たない場所で試してから使用してください。
  • ベンジン・シンナー・中性洗剤を使うと、色落ちやツヤがなくなる原因になります。


カビ

  • 表面にツヤのある革はやわらかい布でから拭きし、スエードなどの起毛革はブラッシングして取り除きます。
  • その後は、ハンガーにかけて陰干しするなど、十分に乾燥させます。


参考:NPO法人日本皮革技術協会

http://www.hikaku-kyo.org/